循環型社会と福祉のまちづくり
YouTube配信開始!

オンライン配信したものがYouTubeでも視聴が出来ます!
★★★YouTube動画の視聴はコチラ★★★

座間駅を中心とした循環経済の取り組みとして、民間企業の視点から福祉的なまちづくりについての講演をを行います。
講演を通じて、視聴者のみなさん一人ひとりが、地域活動の担い手や活動につながるきっかけづくりについて考えます。あなたも住みよい「我がまち座間」について一緒に考えてみませんか?

☆★☆登壇者紹介☆★☆

①小田急電鉄株式会社
経営戦略部 ウェイストマネジメント
スマートシティPJ DX推進マネジャー
 米山 麗 氏

②小田急電鉄株式会社

エリア事業創造部 課長
杉森 俊彦 氏

大学卒業後、小田急電鉄株式会社に入社。主にまちづくり・不動産関連業務を幅広く経験。
直近では、目まぐるしく変化する事業環境や人口減少・自然災害などの社会課題を捉えながらの沿線まちづくり戦略立案・推進を経て、現在、サーキュラーエコノミーやスマートシティの実現に向けて邁進中。DX推進により社会課題を解決しながら既存事業の抜本的改革を進め、未来に向けたまちづくりに取り組んでいる。

大学卒業後、小田急電鉄株式会社に入社。入社以来、小田急線の線路施設管理や現業管理、複々線化事業に約25年間従事。箱根エリアにも4年間出向し、日帰り温泉箱根湯寮の企画立案から建設、開業まで一貫して携わる。現在は、登戸・向ヶ丘遊園、新百合ヶ丘、座間、海老名の駅周辺まちづくり活動を担当し、各エリアのさらなる活性化と地域価値の向上を目指して取り組んでいる。

③株式会社グランドレベル
代表取締役社長
喫茶ランドリーオーナー
田中 元子 氏

④座間市環境経済部
資源対策課長
依田 玄基 氏

ライター・建築コミュニケーターとして、建築関係のメディアづくりに従事。2016年「1階づくりはまちづくり」をモットーに、豊かな1階づくりに特化した株式会社グランドレベルを設立。空間・施設・まちづくりのコンサルティングやプロデュースなどを全国で手がける。2018年私設公民館として「喫茶ランドリー」開業。2019年より街中にベンチを増やすための活動「TOKYOBENCH PROJECT」を始動。主な著書に「マイパブリックとグランドレベル」(晶文社)ほか。

株式会社グランドレベル
http://www.glevel.jp/

喫茶ランドリーグループhttp://www.kissalaundry.com/

ジャパン・トーキョーベンチプロジェクトhttp://www.japanbench.jp/

平成元年入職、都市部道路課、上下水道部(現水道局)を経て、現職。資源対策課においては、主に資源物等の収集、運搬及び処理に関することや、ごみ減量化・資源化推進施策の企画調整、普及及び啓発等の業務を行う。2019年6月に小田急電鉄(株)と座間市が締結した「サーキュラー・エコノミー推進に係る連携と協力に関する協定」の一環として、デジタル技術を活用したごみ収集業務のスマート化実証実験を担当している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★★★YouTube動画の視聴はコチラ★★★