「社協会員加入のお願い」

2017年07月11日

会福祉議会(社協)の活動は

みなさまからの会費で支えられています

社協会員の「会費」といっても、どんなメリットがあるの?というご質問をよく受けます。確かに特典のようなものはありません。

しかし、みなさまからお預かりした会費は、「ともに生きるまちづくり」をすすめるために大切に活用させていただいております。会費でのご支援をおねがいいたします。

社協会費イメージ.jpg

市民のみなさまのご協力のもと、ご加入をお願いしています。

ざまりん社協会費 メニュー.jpg

平成28年度 社協会費の使いみち

市民のみなさまには、社協会員のご加入、社協会費の集金など、多大なご協力をいただき誠にありがとうございます。

みなさまからお預かりした、社協会費を活用させていただきました。活動の一部をご報告いたします。

平成28年度社会福祉協議会 会費(社協会費)

集計額

一般会費   4,254,600円

賛助会費    129,000円

特別会費    225,000円

寄付金    1,444,839円

 合 計   6,053,439円

① 福祉情報の発信(広報誌 年5回発行)

 平成28年度においては、広報誌「座間市しゃきょう」のテーマを「みんなが主役!」「大いに語ろう!」とし、多くの市民のみなさまにご参加いただき、福祉情報の提供や福祉活動の啓発を行いました。その他、ホームページの運営にも活用させていただきました。(広報誌バックナンバーも是非ご覧ください。)

 

② 福祉まつりの開催(運営に協力した人 657人、来場した方 5,302人)

 平成28年9月3日に開催しました。平成28年度は「レッツジョイナース!~つながろう~」のテーマのもと、市民一人一人が地域社会の仲間となれるようにつながりをつくることを目指しました。多くの参加者を得て、福祉意識の高揚と市民の交流の場をつくりました。

 

③ 地域団体の福祉活動支援(貸出機材利用団体数 134団体、使用物品数 延べ388件)

 お祭りやイベントで使用できる機材を地域の団体に貸し出し、地域福祉活動の活性化に努めました。貸出機材(テント・綿菓子機・かき氷機等)は、社協会費を納めていただいている自治会さんには、半額で貸出しさせていただきます。その他、福祉団体活動助成事業として、自治会活動等を支援しました。

 

④ ボランティアや地域活動支援(サマースクール参加者 中学生10名、高校生19名)

 ボランティアに関する情報「ぼらぼら通信」の発行や、ボランティア体験サマースクールを実施しました。中学生・高校生が高齢者施設、障がい者施設、保育施設でボランティアを体験し、福祉への関心と理解が深まりました。

 

⑤ 地区社会福祉協議会活動支援(市内28地区社会福祉協議会)

 みなさんの一番身近な地域で活動する地区社会福祉協議会(地区社協)の活動を支援しました。市内28の地区社協が、その地域にあった活動を展開しています。サロン活動、登下校の声かけ運動、夕食配膳など、見守りのつながりの輪が広がりました。

 

これらの活動は、みなさまからお預かりした会費で支えられています。
 

お問い合わせ

座間市社会福祉協議会 総務企画課

 

総務係

TEL 046-266-1294 FAX 046-266-2009

お知らせの一覧

知りたい・調べたい

相談したい

参加したい