子育てに関すること


ファミリー・サポート事業

●ファミリー・サポート事業って?

仕事で保育園のお迎えが間に合わない!

外出の間、子供を預かってくれる人はいないかしら・・・

その他、子育てのサポートが必要だと感じることはありませんか?

また、そのようなサポートをしたいと思ったことはありませんか?

ファミリー・サポート事業では子育てのサポートをお願いしたい人(利用会員)の援助依頼に応じて、子育てのサポートが出来る人(協力会員)をファミリー・サポート事業担当がご紹介します。

 

●利用・協力会員登録

【利用会員の登録】(平成29年6月1日改正)

 利用会員とは、生後3カ月から小学校6年生までの子供を持つ市内在住者。

(障害をお持ちの子供は小学校6年生までで、改正による変更はありません)

【協力会員の登録】

 協力会員とは、心身ともに健康でこの事業に理解と熱意を有する20歳以上の市内在住者。協力出来る曜日・時間帯を登録して頂きます。

 *資格は必要有りませんが、事務局が実施する講習会の受講が必要です。

 *利用会員と協力会員を兼ねることも出来ます。

【申し込み方法】

事業受付時間(平日8:30~17:00)にお気軽にご連絡、ご相談ください。

(担当が外出している場合がありますので、電話連絡の上お越しください。)

【サービス内容】

●時 間

 事務局:8:30~17:00 (土・日・祝日は除く)

 援助時間:6:30~21:00 (原則として12/29~1/3は除く)

●内 容

 保育園・幼稚園・小学校及び児童ホームの開始前、終了後の児童の預かり

 保育園・幼稚園・小学校及び児童ホームまでの児童の送迎

 保護者などの病気、介護、産前産後等の場合の児童預かり

 冠婚葬祭や文化活動等で外出が必要な場合の児童の預かり

 その他、子育てのために必要な援助(保育)

●場 所

 原則として協力会員の家庭。

●利用料と報酬料  (金額はすべて30分あたりです)

1人目

2人目以降

利用料

報酬金

合計

利用料

報酬金

合計

450円

100円

550円

225円

50円

275円

・利用料とは、利用会員が直接協力会員に支払うものです。

・報酬金とは、社会福祉協議会より協力会員に支払うものです。(口座振り込み)

 

〇母子・父子家庭の場合、割引対象になります。

※母子・父子家庭で割引を利用する場合

 ・「児童扶養手当証」または「ひとり親医療証」をお持ちの方が対象です。

 ・毎年更新手続きが必要です。

 

お問い合わせ:046-266-2003

子育てサポーター育成事業

ひとり親家庭や共働き家庭が増えつつある昨今、子どもが一人で自宅にいる時間や、夕飯を一人で食べるような機会が多くなってきています。

子どもが健やかな成長を遂げるには、親などの保護者の役割は大きいと同時に、地域としての支援も必要です。

地域としての支援の中には、子どもを受け入れる居場所の創設や、親などの保護者の支援、また、その支援者同士の交流もなくてなならないものだと考えております。

 

●座間市社会福祉協議会が考える座間市の子育て応援

地域には子育てを応援したい、または応援している人がたくさんいます。このような方々がつながり、地域の子育て支援者がより活発に活動できることを目指した企画を開催します。

※子育てサポーター育成

?子育てサポーターとは?

・地域の子育てを応援したい人です。座間市の子育て環境に興味があり、ご自身の時間を活用して子どもに子どもの居場所づくりや、子ども食堂などの直接かかわる活動を行ったり、さまざまな活動を行うに当たっての物的な支援や金銭的な支援など、間接的にかかわる活動などを行います。
・座間市社会福祉協議会は、現在、地域で子育てを応援している方はもとより、今後、「子育て応援をしたい!」と考えられている方を対象に、子育てサポーターの育成講座を開催します。

「初級編」=子どもたちとの関りたい、活動を何か始めたいという方々に向け、座間市の子育て支援、子どもたちの事情、子どもたちとの関わり方などを「知る」機会としています。(2017年度実施開始)
「中級編」=現在、活動をしている方々に向け、団体活動の持続性の研究や、活動の広報・子どもの事への理解を深めることなど、日々の活動の振り返りや、課題解決の一助になる「相談・共有」の機会としています。(2018年度実施開始)
「上級編」=活動の持続性として、「後継者の育成」や「活動に対する受援方法」などを研究し、より良い運営方法の模索や活動の発展などといった「強化・連携」の機会としています。(2019年度実施予定)

「交流会」=子育て支援活動を行っている個人・団体の交流の場です。様々な団体との交流を深めることによって、新たな関係性の構築や、ネットワークによる交流などを企画します。

 

市社会福祉協議会は、子育て支援活動を継続的に、また一体的に、連動性のある取り組みを構築していきます。

知りたい・調べたい

相談したい

参加したい